SiteMap

ステンレス製L字アングルを使ったおしゃれDIY

アパレルショップの店内

身の回りには様々な金属材料が使われています。テーブルや椅子を見ると分かるように至る所に留め具やねじ等の金属材料が使われており、中でもステンレス製のものは非常に錆びにくく、長期間綺麗で清潔感を保つ金属材料の一つです。主に殆どの家庭で流し台のシンクに使われています。ステンレスは金属の中では合金に当てはまり、クロム、鉄、炭素からなる合金鋼です。耐熱、強度、加工、どれにおいても他の金属材料よりも優れており、また、リサイクル可能な金属材料でもあります。ステンレス製品は様々な形、部品として販売されていますが、その中の一つにL字アングルがあります。ステンレス製L字アングルはDIYでは非常に汎用性の高い便利の金属部品になります。
そのため、これを用いたおしゃれな棚は利便性も良く、長持ちでおしゃれなものになります。作り方はステンレス製L字アングルと木製の板材料、穴開けドリルとねじを準備するだけです。特別な技術や、設計等は必要ありません。アングルのステンレスの部分がとても綺麗なので、どんなインテリアにも合いますが、少しアンティークな雰囲気のDIYしたいならば、木製の板材料にダメージ感やニスでシックな質感を出してもいいかもしれません。是非作ってみてはいかがでしょうか。

ステンレスのアングルは幅広い用途に使用される

ステンレスのアングルは幅広い用途に使用されており、私たちの日常生活でその姿を見かけることもよくあります。アングルと聞くと一瞬どのようなものか想像がつかない人であっても、L字の細長い金属部品と聞けばなんとなくイメージがつくのではないでしょうか。ステンレス製のアングルは最も身近な金属材料のひとつとして、家具などの角部分を補強したり保護する目的ではめこまれていることがよくあります。特にL字になっているものは、直角になった壁面や、床や天井を固定することにも適しており、家財の安定性の向上のために使ったり、そもそもの土台としての役割を担っている場合もあります。
ステンレスという金属材料そのものが、生活に密着した極めて一般的なものとなっているため、それを用いたアングルも様々な用途に応用されているのでしょう。もちろん、ステンレス製のアングルは家の中だけでなく、様々な建築現場や設計の場でも利用されています。これが単独で何かをするということはなかなかないにしても、建物を建てる際にも必須となるパーツです。必要に応じてネジや釘を取り付ける穴を備えたりも出来るので、その汎用性の高さを窺うことができるでしょう。ステンレス製のアングルは、私たちの生活になくてはならない金属材料です。

アングル材の銅とステンレスの違い

銅(元素記号29番目CU)は一般的な金属材料と違い、非鉄金属に分類され幅広く現在使用されている素材です。その中で、一番最初に思い浮かぶのは何があるでしょうか。一つは、10円玉があります。その他にも一般家庭で使用するものから工業製品まで様々な用途に使用されています。
なぜそんなに身近な銅製品があるのかというと、銅の特徴が、硬度(物の硬さを表す単位)が低い為加工しやすい・一般的な金属(ステンレス)と違い非常に錆びにくいと言う部分にあります。その上簡単に切断・曲げ加工ができ、粘りがあり、簡単に割れない特徴があります。
また、ホームセンタ-などで銅製品はたくさん販売しているので(Lアングル・銅管など)、より身近なものとして世の中に出回っています。例えば銅管をみてみましょう。一般家庭では、油配管用に使用されています。また、エアコンの冷媒配管にも使用しています。簡単に現場の職人が、曲げ・切断加工が出来るからこそです。
また、もう一つの特徴は、希少価値があるということです。銅は他の金属材料と違い、使用後リサイクルに回る量が圧倒的に多いと言うことです。そういう事では、地球環境にも優しい金属といえるのではないでしょうか。
最後に銅はスポーツ大会のメダルにも使用されています。金・銀・の次に来るのが銅です。銅はかなり身近な金属と言えるでしょう。

ピックアップコンテンツ

シャッターが閉まる

ステンレスの金属を使った製品はどんな場所に向いている?

金属材料を使って作られている製品は、家の中に大小様々に見つけられます。金属材料の種類をステンレスに絞った場合でも、家の各所で使われているでしょう。ステンレ…

MORE ▶